読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello,(beautiful)world.

そんな眠りが欲しい。

映画バイオハザードファイナルの感想とか※ネタバレとかも

バイオハザードファイル、観てきました。

まともな記事を書いてましたが、

あまりにも長くなりすぎて終わらなかったので簡易記事を上げます。

ネタバレで言いたいことを3つ言います!!

ネタバレのため追記で書きます。

 

1.リッカーが出てきません。

大のリッカー好きとしては大変ショックでしたが、

よくよく考えたらゲームでのリッカーを考えたら映画シリーズでは出番が多く、

無印から大変愛されてきてリッカー好きとして本望でした。

なので、むしろ最後の最後ではリッカーの進化形として、さまざまな生ける屍が描かれているのだと考えました。

世界へ解き放たれたリッカーたちは、思い思いに捕食をし、姿を変えたのだと自分を納得させました(笑)

ウェスカーは出てきます。

 

2.復習はほぼ無印のみでOKです。

一応映画の内容をざっくり復習してから行きましたが、

無印だけ復習しておけば良さそうです。

舞台やキャラクターもほぼ無印+人気どころ+ゲスト俳優って感じです。

むしろ冒頭の語りを聞いておけばもう映画のラストがじわりと思い浮かびました。

※注意※ラストがわかるからといって駄作だとか安直と言いたいわけではありません。

 

ゲスト俳優については話題になっていたのでここで深くは話しませんが、

なんというかいろいろとタトゥーメイクと思うことにしました。

 

3.終わりよければ全て良し。

つまりはそういうことです。

2.でも書きましたが、ラストはこれしかないっていう終わり方でしたね。

無印とファイナル、この二本の映画でかっちり終わります。

それまでの紆余曲折を間の映画で描いていたんだなと感じました。

個人的に今回の映画も「画」として完成された構図・シチュエーションが多く、

また、ゲームでもお馴染みの展開に対して「ほんとそれな!!」と熱くなれました。

 

 

ここからは余談ですが、

自分的にはラストの想像がむしろ全会一致のものと思っていたため、

想像以上に解説・説明をしてくれたことに驚きを隠せませんでした。

(どれだけ自分が普段解説・説明のないジャンルに潜っているかと改めて自覚しました)

しかし、復習せずに世界観もなかなか頭に入っていない初見状態で見ると厳しいとの声がありました。

今回の映画は「ファイナル」、起承転結でいう「結」の部分「だけ」の映画といっても過言ではありません。

せっかくの💛サイコロステーキ💛なので最初の無印バイオハザードの映画を軽くでも良いので観てから映画館へ行くことをオススメします!